トップページ > 最新情報 > クアルコム、幹部の「A7チップの64ビット対応はただの宣伝文句」発言を撤回
2013年10月9日 09時10分

読了まで 141

クアルコム、幹部の「A7チップの64ビット対応はただの宣伝文句」発言を撤回

A7
iPhone 5sに採用された64ビットのA7プロセッサーについてクアルコムの役員が「アップルのA7チップの64ビット対応はただの宣伝文句」と発言したことを以前の記事で紹介しましたが、8日にクアルコムがこの発言については正確ではなかったとMacworldにコメントを寄せています。
 
「弊社のマーケティング担当役員のAnand ChandrasekherがiPhone 5sの64ビットに対応したA7プロセッサーに対するコメントは正確ではありませんでした。スマートフォンに代表されるモバイル端末でのハードウェアとソフトウェアによるいわゆるエコシステムは既に64ビットに移行しつつあり、64ビットに対応することでデスクトップ機器に迫る処理能力とユーザー体験をモバイル端末で実現していきます」とクアルコムの広報担当者は述べています。
 
snapdragon
モバイル端末のプロセッサーが64ビットに対応していくことはクアルコムのようなCPUメーカーには今後必須の課題であり、とても重要な分野です。クアルコム自身も次期Snapdragonプロセッサーで64ビット対応を検討しており、今回の不正確なコメントは64ビット対応プロセッサーに注力しているクアルコムにとって看過しがたいものだったようで会社としてコメントを発表した模様です。
 
 
参照元: MacRumors
執 筆:リンゴバックス

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる