トップページ > 最新情報 > アメリカではAndroidを凌ぐ勢いのiPhone
2013年10月7日 10時11分

読了まで 140

アメリカではAndroidを凌ぐ勢いのiPhone

iPhone 5s
世界的にみてAppleのiPhoneはGoogleのAndroidにシェアを奪われてきたのですが、アメリカの市場に限ってはiPhoneがシェアを伸ばしているという調査結果をcomScoreが発表しています。
 
グラフはアメリカ本土の2010年の8月から2013年8月までの3カ月単位のiPhoneとAndroidの新規のユーザー数の変遷で、青い線がiPhoneユーザー、赤い線がAndroidユーザーです。
 
アメリカの携帯電話市場では従来のBlackberryのシェアをiPhoneとAndroidが取り合っている構造なのですが、このグラフには9月に発売されたiPhone 5sとiPhone 5cが反映されておらず、アメリカ国内に限ってはこれまでもAppleは善戦していたということになります。
 
また、投資会社Canaccord Genuityの調査によりますと9月のアメリカでのスマートフォンの売上は携帯電話4社全てでiPhone 5sの売上が第一位で、iPhone 5cがAT&T、Sprintで第2位となっています。VerizonとT-Mobileでは第2位にAndroid端末のSumsungのGalaxy S4がランクインしています。
 
iPhone 5s
 
 
参照元: Fortune
執 筆:リンゴバックス

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる