トップページ > iPhone6s > 新型4インチiPhoneは、iPhone5sのアップグレードモデルで、金属製に?
2015年5月11日 15時15分

読了まで 157

新型4インチiPhoneは、iPhone5sのアップグレードモデルで、金属製に?

満足度トップはiPhone5s、ソフトバンク!日経BPが調査結果発表
 
新型4インチiPhoneは、プラスチック製でなく金属製筐体となるかもしれません。

これまで、廉価版モデルとして2013年に発売された、iPhone5cの後継モデル「iPhone6c」が発売されるのではないかといった噂がありましたが、台湾メディアの経済日報はこれに異を唱えています。

iPhone6 miniが発売?

例年と同様、9月に発売が予想されている新型iPhoneですが、今年は特に予想が難しい年となっている印象です。例年の製品スケジュールからいけば、今年はiPhone6/6 PlusのアップグレードモデルiPhone6s/6s Plusが発売されると予想されますが、この他にも、4インチの新型iPhone発売の噂があるからです。
 
4インチの新型iPhoneには、iPhone5cの後継機種で廉価版モデルとして発売されるという噂(いわゆるiPhone6c)と、iPhone6sシリーズに4インチモデルが追加される(iPhone6sシリーズは計3種類?)という噂に大別されてきましたが、今回はまた新たな情報が、経済日報より報道されています。それは4インチの新型iPhoneが、iPhone5sのアップグレードモデルになるというものです。
 
プラスチック製の筐体ではなく、金属製の筐体となり、かつチップはiPhone6/6 Plusなどと同様にA8になるであろうという内容ですが、Appleは、すでにiPad mini3において、最新モデルではなく、1世代前のチップを採用する手法を採っている(最新のA8チップを使用せず、A7チップを採用)ので、この方法に関しても実現する可能性はありますが、果たしてどうなるのでしょうか。
 
なお、報道によればiPhone6 miniの製造はiPhone6と同様、台湾メーカーのFoxconnが担う予定とされています。
 
 
参照元:経済日報
執 筆:クロス

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる