トップページ > 最新情報 > アップル、中国でもXiaomiからシェア奪取が見えてきた!
2015年5月6日 13時00分

読了まで 23

アップル、中国でもXiaomiからシェア奪取が見えてきた!

勝訴 アップル 中国 siri 特許


 
中国でアップルがトップに立つ日もそう遠くないかも知れません。2015年第1四半期の出荷台数で、シェアトップを走るXiaomiとの差が、わずかに0.5%ほどにまで縮まっていたことが明らかとなったからです。一方で、中国最大のベンダーであるXiaomiの先行きも怪しくなっています。

すでにXiaomiへ肉薄する勢いに


中国 xiaomi シェア
 
調査会社Strategy Analyticsによれば、2015年第1四半期において、中国国内でシェアも出荷台数も第1位のXiaomiは、1,400万台を出荷し12.8%のシェアを占めましたが、アップルは1,350万台を出荷して12.3%のシェアを獲得することに成功したとのことです。
 
このデータを受け、先述した調査会社は、「この勢いが今後も続けば、アップルは大勝ちするかも知れない」とアップルに強気な見方をしています。

Xiaomiはインドへ新天地求め

xiaomi 炎上 インド 中国
 
一方、Xiaomiの売上は依然として中国が90%近くを占めています。低価格ラインのRedmiから、高品質ハイスペックのMi4まで様々なラインナップを有しており、本来ならば、様々なターゲット層を対象に出来るはずです。iPhone6シリーズのみで攻めているアップルと比較すると、Xiaomiの成長スピードが中国国内において、著しく鈍化していることが分かります。
 
しかし、Xiaomiはすでに「制覇してしまった」中国よりも、新たにインドへ市場を求めていく方向にあるようです。とはいえ、先日サムスンから首位を奪ったMicromaxや同じ中国企業のLenovo(Motorola)など、インドにも高スペック低品質のスマートフォンを薄利多売で売り込むライバルは多数存在します。
 
インド最大の財閥であるTATAグループがXiaomiに資金援助を行ったというニュースが先日発表されましたが、こういった支援を受けて、果たしてどこまでインド市場に食い込めるのかは、今後も要注目と言えるでしょう。
 
 
参照元:Strategy AnalyticsDigitalTrends
執 筆:kihachi

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる