トップページ > Apple Watch > Apple Watch(42mm)の電池容量は38mmより約2割多い246mAh
2015年5月5日 14時55分

読了まで 146

Apple Watch(42mm)の電池容量は38mmより約2割多い246mAh

Apple Watch 42mmモデル 分解レポート


 
Apple Watchはその発売前からバッテリーが1日しか持たないという話題が注目されてきましたが、Apple関連のニュースを伝えるteardowns.comによりますと、42mmモデルの電池容量は246mAhのようです。

38mmモデルと比較して約20%多いバッテリー容量

Apple Watchの38mmモデルに関しては、様々なApple製品の分解レポートを伝えるiFixitによって、電池容量が205mAhであることが確認されています。今回teardowns.comによって、42mmモデルの分解レポートが公開されました。そのバッテリー部分を拡大した画像が以下の通りです。
 
Apple Watch 42mmモデル 分解レポート
 
バッテリーの拡大画像には、「3.78V」「0.93Wh」という記載があることが分かります。エネルギー容量は、電圧に電池容量を乗じたものですので、この場合の電池容量は約246mAhとなります。先に記載の通り、38mmモデルは電池が205mAhなので、42mmモデルはこれと比較して2割ほど多い計算となります。
 
実際使用する中でどの程度電池持ちが変わるのかは、使用条件やディスプレイサイズの違いなどがあるので一概には言えないものの、Appleは本件に関して特設ページの中で、38mmモデルよりも42mmモデルのほうが電池持ちが良いことを示していますので、両モデルで最大2割ほど異なると考えておけばよいかと思います。
 
 
参照元:TouchLabteardowns.com
執 筆:クロス

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる