トップページ > 最新情報 > 電気料金と通信料金のセット割引、ソフトバンクと東電が最終調整へ
2015年5月1日 10時15分

読了まで 23

電気料金と通信料金のセット割引、ソフトバンクと東電が最終調整へ

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

東京電力 ホームページ
 
通信業界では、SIMロック解除の義務化が施行されたことを受け、様々なサービスの導入が検討されていますが、光セット割の次は、電気料金とのセット割が実現間近となっています。
 
朝日新聞によりますと、東京電力とソフトバンクは、電気料金と通信料金のセット割を実現する方向で、最終調整に入ったようです。

家庭での電力自由化が開始されることをうけて

通信業界において、今月から実施されるSIMロック解除の義務化は、大手キャリアにとって特に痛手となっていますが、こと電力業界でも、新たに来春から家庭用電力の自由化が決定しており、今回の東京電力とソフトバンクの提携が実現したと考えられます。
 
3月にはソフトバンク、NTTドコモ、KDDI(au)の携帯大手キャリア3社に提案を募り、特にソフトバンクからセット割引をする際の負担割合などで前向きな提案があったため、ソフトバンクに優先交渉権を与え、夏までに具体的な料金プランを固める方向で最終調整に入っていると伝えられています。
 
これが実現すれば、首都圏以外のソフトバンクショップにおいて、東電の電力が購入できるようになるほか、家族全員がソフトバンクユーザーとなればセット割により、電気料金の割引を実施するなどの施策が検討されています。
 
家庭向けの電力自由化に向けての各事業者の動きは活発で、関西電力は傘下の通信会社ケイ・オプティコム(mineo)とのセット販売に乗り出す方針を示しているほか、電力小売りへの参入を表明している東京ガスや大阪ガスなどのガス会社も、通信会社との提携を模索しているようだと朝日新聞は伝えています。
 
また、電力自由化の関心度は高く、価格.comでは電力自由化関連の最新ニュースを集めて分かり安く解説するサイトも開設しており、この分野はかなり盛り上がりを見せ初めています。
 
基本的に電力は生活になくてはならないものですし、こうした取り組みがうまく進めばよいですね。ただ、この提携によって、「〜年縛り」などの旧態ルールが復活しないことを祈りたいものです。
 
 
参照元:朝日新聞
執 筆:クロス

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる