トップページ > 最新情報 > MVNO契約数は現在892万件!SIMロック解除義務化でさらに増加?
2015年5月1日 08時54分

読了まで 28

MVNO契約数は現在892万件!SIMロック解除義務化でさらに増加?

総務省 地域BWA 新電波
 
4月30日、総務省MVNO事業についての現状を取りまとめ、発表しました。

事業者間接続/卸電気通信役務別の契約数について

 
MVNO 現状 総務省
 
発表によりますと、MVNOサービスのうち、事業者間接続によるものの契約数は32万件で、前年同期比7.3%減少しているのに対し、卸電気通信役務によるものの契約数は860万件で、前年同期比35.4%増となっていることが分かります。

事業規模別の事業者数について

 
MVNO 現状 総務省
 
事業規模別の事業者数について確認すると、「SIMカード型」を提供している事業者は「10万以上25万未満」のセグメントに最も多く、6事業者が固まっています。
 
その他のセグメントには1〜2事業者が散在しており、事業者間の熾烈な争いが繰り広げられていることが分かります。

データ通信/音声通信別の事業者数

 
MVNO 現状 総務省
 
提供するサービスについては、2013年度までデータ通信が主となっていましたが、2014年度には通話付きのサービスが増加しています。これは、格安SIMをメイン端末に据えたいユーザー数の増加が招いた変化と予想されます。

MVNOの認知度について

 
MVNO 現状 総務省
 
こうしたMVNOに関する認知度調査の結果も公開されています。
 
2013年度に実施した同様の調査では、「知っている」「知らない」が半数ずつでしたが、2014年度に実施した調査では、「知っている」が7割を占め、徐々にMVNOの存在がユーザーに浸透していることが分かります。
 
MVNO 現状 総務省
 
一方で、MVNOで今後利用したいサービスについては「音声・データ共に利用したい」の割合が2013年度に比べ減少し、「データのみ利用したい」という声が増えていることが分かります。これは、新たにMVNOについて知ったユーザー層が、MVNOに対して不安を抱いている結果と予想されます。

MVNO契約者数は右肩上がり

 
MVNO 現状 総務省
 
MVNOの契約者数はここ数年、右肩上がりです。
 
また、今月からはSIMロックの解除が義務化されるため、MVNO利用者のさらなる増加が見込まれます。
 
 
参照元:総務省
執 筆:クロス

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる