トップページ > iOS > アップル、開発者向けにiOS8.4の2度目のベータ版を配布開始
2015年4月28日 18時06分

読了まで 22

アップル、開発者向けにiOS8.4の2度目のベータ版を配布開始

iOS8.4
アップルは登録済みの開発者に対して、iPhoneなどの基本システムの最新版であるiOS8.4ベータの配布を開始しました。

iOS8.4で2度目のベータ版

今回のバージョンは、2週間前に開発者向けにiOS8.4を初めて公開してから、2つめのバージョンとなります。同時に一般向けにiOS8.3を公開してからは、3週間後のベータ版配布となります。
 
配布されたバージョンのビルドは12H4086dとなっており、登録済み開発者はiOS Developer Centerからアップデートが可能です。

一新されたミュージックアプリの不具合が修正

iOS8.4では一新されたミュージックアプリが導入される予定で、アーティストやプレイリストでアーティストの画像を表示するなど大幅にデザインも変更されます。
 
また、ミニプレイヤーも同時に一新され、再生中の曲を表示するデザインも変更し、検索機能が強化され、より簡単な検索が可能となるようです。また、これに合わせてiTunes Radioのデザインも変更される模様です。
 

 
初めて公開されたiOS8.4ベータ版では、ミュージックアプリには数多くの不具合がありましたが、今回のアップデートで多くが修正されており、アプリの安定性も向上した模様です。

WWDCで発表されるストリーミングサービスに対応

iOS8.4に搭載するデザインが一新されるミュージックアプリでは、6月に開催されるWWDC(世界開発者会議)で発表が噂されている、音楽ストリーミングサービスに対応すると予想されています。

iTunesとミュージックアプリの機能が統合

新たな音楽ストリーミングサービスは、アップルが提供している既存のBeats Musicと、類似したサービスになるのではないかと予想されています。しかし、システムレベルでiTunesに統合され、デザインが一新され、iTunesオリジナルのコンテンツを提供するなど、ブランドも再構築され提供されるのではと考えられています。
 
 
参照元 : MacRumors
執 筆 : リンゴバックス

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる