競合するPebbleにも対応するiOSアプリ、App Storeで却下される - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > 競合するPebbleにも対応するiOSアプリ、App Storeで却下される
2015年4月24日 12時52分

読了まで 22

競合するPebbleにも対応するiOSアプリ、App Storeで却下される

rejected_stamps


 
スマートウォッチPebbleをサポートするiOSアプリのアップデート版が、App Storeの審査を通らなかったことが発覚、論議を呼んでいます。米AppleInsiderが報じています。

Pebble対応が却下の理由?

問題になっているのは、海洋ナビゲーションアプリ「SeaNav US」です。同アプリはPebbleでも通知が受け取れる機能を備えています。ところがデベロッパーがこの最新版をアップしたところ、アップルから却下されてしまいました。
 
アップルは却下の理由を、アプリまたはアプリのメタデータ上に、ほかのモバイルプラットフォームの名称を入れることを禁じた、App Storeガイドラインのセクション3.1に違反しているためとしています。
 
「特に、あなた方のアプリとアプリの説明が、Pebble Smartwatchをサポートすると宣言している点」が不適切だと、理由が述べられています。

以前のバージョンにもPebbleサポートの記述あり

ほかのモバイルプラットフォームの宣伝禁止条項はかなり前から存在していますが、めったに適用されていません。実際SeaNavの開発者は以前のバージョンにも「Pebble」の文字を入れており、現在App Storeでダウンロード可能なバージョンにも「Pebble Smartwatchに対応」という説明書きがあります。
 
今回の却下がアップルの方針変更を意味するのか(Apple Watch発売でほかのスマートウォッチをライバル視するようになった?)、それとも単にアプリを審査した人間のものさしの違いなのかは定かではありません。Apple Watchの発表以降も、メタデータ上にPebbleサポートを明記している数多くのアプリのアップデートが承認されています。またほかに却下された例は報告されていません。
 
App Storeの審査プロセスに一貫性がない点については、以前からデベロッパーの間で不満が出ています。
 
 
参照元 : AppleInsider
執 筆 : lunatic

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる