2013年10月3日 11時44分

読了まで 156

Sony、iPad5とiPad mini 2のカメラ用センサー提供へ

KGi証券のMing-Chi Kuoアナリストのレポートによると、アップルの新型iPad5iPad mini2について、背面カメラをGenius社とLargan社から8メガピクセルのレンズ部品の提供を受けるとともに、センサーモジュールはSonyからのみ部品提供を受けるということになりそうです。

 

iPad5 iPad mini2

新型iPadのカメラ能力、大幅増強

Kuo氏の投資家向け資料によると、アップルは、いわゆるiPad5とiPad mini2を第4四半期に発売する予定であり、カメラ部品を8メガピクセルに増強し、レンズの品質も向上させると言います。これとは別の情報源ですが、次世代iPad用のすべてのカメラ用センサーについてはSonyが単独受注したとの情報もあります。

 

Sony製の新しいセンサーを搭載し、アップルは、第4世代のiPadとiPad miniで5メガピクセルしかなかったものを、新型端末で8メガピクセルの解像度に向上させる予定です。これにより、アップルのタブレットの中で、初めてiPhoneと同等の解像度に近づくことになります。

 

iPad mini2、供給能力不足か?

そして、Kuo氏の予測によると、iPad5は第4四半期に1050万台、iPad mini2は210万台が初回出荷されると見込んでおり、iPad miniが今年中に出荷されるのであれば、供給制限は厳しくなるであろうと予測しています。

 

日本国内では、アップルのiPhoneとソニーのXperiaが激しいシェア争いをしているところですが、端末搭載のカメラについては、ソニーの技術力の強さにアップルもすべてお任せしたのでしょう。アップルの創始者であるスティーブ・ジョブズは、かつてソニーファンであったという噂もあり、もっと両社がタッグを組んでより良い商品を作ってほしいと思います。

 

参照元:AppleInsider

執 筆:MIYA

カテゴリ : 最新情報   タグ : , , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる