トップページ > iPad mini > Retina対応iPad Mini2の年内生産は限定的、フル生産は2014年に:ロイター
2013年10月3日 09時04分

読了まで 144

Retina対応iPad Mini2の年内生産は限定的、フル生産は2014年に:ロイター

iPad mini2
今年発表が予想されているRetinaディスプレイ対応のiPad Mini2の年内の生産量は限定的で限られた出荷数となり、十分な生産と供給を行うのは2014年になるとロイターが伝えています。
 
アップルは今月15日に予定しているメディア向けイベントで次世代iPad MiniであるRetinaディスプレイ対応のiPad Mini2を発表すると予想されていますが、同社のサプライチェーン担当の内部情報ではiPad Mini2に使用されるRetina対応ディスプレイの生産が対応できておらず、2014年はじめまでフル生産が出来ない状況にあると述べています。

厳しいディスプレイ仕様への対応

液晶ディスプレイの生産の遅れは、サプライヤーであるサムスン、LGディスプレイ、シャープがアップルが要求する厳しい節電仕様に対応することが非常に困難なためであるとも述べています。

廉価版iPad Mini2も発表か?

アップルは安価なタブレット端末を発売している競合するメーカーに対抗して容量を8GBに抑え、Retina非対応の廉価版iPad Miniの販売も検討しているとも指摘されていています。
 
アップルは15日に予定されているイベントで次期iPad5とiPad Mini2を同時に発表すると予想されていて、両機種ともiPhone 5sと同じスペースグレイとゴールドカラーモデルのカラーオプションになると思われています。
 
 
参照元: 9to5Mac
執 筆:リンゴバックス

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : iPad mini, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる