トップページ > iPhone6 Plus > 薄さ・軽さ・持ち、どれをとってもギネス級のA8をサムスンが発売か
2015年4月15日 12時12分

読了まで 23

薄さ・軽さ・持ち、どれをとってもギネス級のA8をサムスンが発売か

Galaxy A8


 
サムスンが開発している新型スマートフォンGalaxy A8のスペックが、SAMMOBILEのリークから明らかになりました。記事によれば、Galaxy A8はこれまでに発売されたどのスマートフォンよりも薄くなるだろうとのことです。

世界新記録の薄さ


これまでにもサムスンは、ミドルレンジシリーズ「Galaxy A」シリーズで、厚さ6.3mmのGalaxy A7を発表していましたが、後継機種となる今回のA8はさらに薄い5.9mmとなるようです。実現すれば、厚さ7.1mmであるiPhone6 Plusの約5分の4の厚さとなります。
 
他のスペックは、5.7インチのフルHDディスプレイで重さは140g、CPUはSnapdragon615のオクタコア、RAMは2GB、内蔵ストレージは16GB、メインカメラは1,600 万画素、フロントカメラは500万画素、バッテリーは3,050mAhとなる見込みです。

軽視されがちだったバッテリー性能も向上


バッテリーの容量以外は、とりたてて特筆すべきスペックではありませんが、上述のSAMMOBILEによれば、このGalaxy A8は中国ユーザーを主眼において造られているとのことで、そこそこの品質のものを話題性重視で手軽に入手したい、という現在の中国ユーザーのニーズにうまく合致していると言えそうです。
 
ところで、以前にもお伝えしましたが、アメリカで行われた調査によれば、大半のユーザーは、「薄さや軽さよりもバッテリーの持ちの方が重要だ」と考えているとのことです。
 
ひるがえってGalaxy A8のスペックをみると、重さも薄さもiPhone6 Plusの5分の4であるのに対し、バッテリーはサムスンの旗艦モデルであるGalaxyS6(2,600mAhs)やiPhone6 Plus(2,915mAhs)を上回る数値です。これまでサムスンは、機能美ばかりを重視する傾向が指摘されていただけに、今回のGalaxy A8は、そういった市場の見方に対する「意趣返し」となりそうです。
 
 
参照元:SAMMOBILEtechrader
執 筆:kihachi

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる