トップページ > 最新情報 > アップル、ResearchKitをリリース
2015年4月15日 09時23分

読了まで 157

アップル、ResearchKitをリリース

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

ResearchKit
 
アップルは現地時間14日、医療の発展を支援するためのソフトウェアフレームワーク「ResearchKit」のリリースを発表しました。

医学の発展に貢献するResearchKit

ResearchKitは、iPhoneユーザーが医療分野での調査研究に貢献することを可能にするものです。ユーザーの健康状態や活動レベルの記録、管理が可能なHealthKitと組み合わせることにより、研究者らは自分たちの研究目的に沿ったアプリ開発が可能となります。
 
ResearchKitを活用したアプリは現在5種類発表されていますが、App Storeで公開後わずか数週間で、6万人を超えるiPhoneユーザーがダウンロード、それぞれのプログラムに参加しています。
 
今日より、医師や医療機関、医学研究者やアプリ開発者が、ResearchKitを使ったアプリを開発可能となります。

3つのモジュールを用意

ResearchKitでは「参加者の同意」「調査」「アクティブタスク」という、調査研究でもっとも一般的な3要素が、カスタマイズ可能なモジュールとして用意されています。
 
参加者の同意」モジュールを使えば、たとえば動画による研究内容の説明、参加者の調査理解度を確認するためのクイズなどを、簡単に作成することができます。
 
調査」モジュールは、質疑応答形式のインタフェースを提供してくれるので、参加者に対する調査を即座に実施し、回答を集め、ほかの研究者らと共有することが可能です。
 
アクティブタスク」モジュールは、参加者に特定の活動をしてもらい、それをiPhoneのセンサーで記録、データ収集できるようにします。
 
ResearchKitはオープンソースであるため、自分で新しいモジュールを開発し、公開することも可能です。
 
 
参照元 : Apple
執 筆 : lunatic

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる