トップページ > iOS > アップル、iOS8.3ベータでメッセージアプリにスパム報告機能を追加
2015年4月7日 08時41分

読了まで 156

アップル、iOS8.3ベータでメッセージアプリにスパム報告機能を追加

メッセージ
先日、開発者とベータテスターに配布された、iPhoneなどの基本システムの最新版iOS8.3ベータでは、ユーザーがメッセージアプリで受信したスパムメールを、アップルへ簡単に通知して削除できる機能が追加されています。

「Report Junk」のリンクを追加

メッセージ
 
iOS8.3ベータでは、メッセージアプリでユーザーが連絡先に登録していない人からメールが届いた場合、「Report Junk」(ジャンクとして報告)というリンクが表示されるようになりました。届いたメールがジャンクメールの場合、このリンクをタップすれば、メッセージを削除して、同時にアップルにスパムメールとして報告できます。

現行のスパムの報告は手順が複雑

現行のiOS8.2のバージョンでは、スパムメールを受信した場合、ユーザーが操作をして、相手のメールアドレスや携帯電話番号をブロックする必要があります。また、アップルへスパムメールとして報告するには、アップルのサポートページにアクセスして、手順通りに該当するメールを撮影したスクリーンショットや、受信した相手のアドレスや日時を報告する必要がありました。
 
ユーザーはこれまで、スパムメールはiPhoneを操作してブロックしたとしても、アップルにスパムメールとして報告することは、手続きが複雑なためほとんどなかったのではないかと思われます。

スパムメール減少に期待

しかし、今回のアップデートで簡単にアップルへスパムメールが報告でき、アップルがこれらのメールの配信をブロックすれば、メッセージアプリへのスパムメールは大幅に減少すると思われます。
 
アップルは最新のiOS8.3ベータ版を3月24日に開発者とテスターに配布していますが、Apple Watchが発売される4月24日までには一般に公開される模様です。
 
 
参照元 : Apple Insider
執 筆 : リンゴバックス

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる