トップページ > Apple Watch > アップル、スイスでは商標権からApple Watchは当面販売できない
2015年4月5日 11時46分

読了まで 151

アップル、スイスでは商標権からApple Watchは当面販売できない

Apple Watch


アップルのApple Watchは今月10日から予約受付が始まり、24日には最初のグループとなる9つの国とエリアで販売が開始されますが、高級腕時計の生産で有名なスイスでは、1985年に取得された知的財産権が問題となり、今年の12月まで発売されない模様です。

スイスでは腕時計に「apple」が使えない

地元スイスの放送局RTSの報道によりますと、高級時計ブランドのレオナール(Leonard)のオーナーWilliam Longe氏が、今年12月5日に期限切れとなる知的財産権を所有しており、この権利によりアップルは、腕時計に「apple」の名称やイメージを使用することができないようです。

12月5日以降は問題なし

しかし、この権利が期限切れになった後は、アップルは何の制約も受けずにスイスでApple Watchを販売することが可能となる模様です。
 
Apple Watchは、今月24日には、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、日本の9つの国とエリアで販売が開始されますが、その後スイスをはじめ、ヨーロッパを中心に販売エリアが広がると思われます。

スイスをはじめ他の国での販売はいつ?

ただし、発売後の販売エリアの拡大については、製品の供給量との兼ね合いもあり、今のところはっきりしていません。発売当初は供給量に制限があると予想されており、第2グループとなる国々での発売は、サプライヤー側の体制が整う数カ月後になると予想されます。
 
 
参照元 : Apple Insider
執 筆 : リンゴバックス

 
 

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる