アメリカの大学、学生証で利用する世界初のiPad貸出自販機を設置 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > アメリカの大学、学生証で利用する世界初のiPad貸出自販機を設置
2015年4月3日 11時29分

読了まで 153

アメリカの大学、学生証で利用する世界初のiPad貸出自販機を設置

iPad自販機


アメリカのフィラデルフィアにあるドレクセル大学と図書館のFree Library of Philadelphiaは、同大学の学生と近隣の住人に対し、世界で初めてiPadを貸し出せる自販機を設置しました。

学生証か図書館カードで利用可能

iPadを貸し出す自販機は大学構内に設置され、最大12台のiPadの貸し出しが可能で、同大学生は学生証、近隣の住人は図書館カードにより利用が可能となっています。
 
ドレクセル大学の学生はもちろん、隣接するマンチュアとパウェルトンビレッジの住人は図書館カードを利用すれば、最大4時間のレンタルが可能となっています。

様々なアプリが事前にインストール済み

大学側の説明によりますと、貸し出されるiPadには、美術、デジタルによる画像と映像、幼児向け教育、ゲーム、地理、音楽、ニュース、画像処理、科学、天文学、動画編集など多岐にわたるアプリが事前にインストールされています。
 
また、セキュリティと利用者のプライバシー保護の観点から、iPadを自販機に返却すると、利用者の個人データは自動的に消去される仕組みになっています。

ドレクセル大学はMacBookの貸出機で実績あり

ドレクセル大学は2013年には、学生にMacBookを24時間貸し出す自販機を設置しており、同大学の図書館を担当する学部長Danuta A. Nitecki教授は、MacBookの貸し出しが好評だったことを受けて、今回新たにiPadを採用し、図書館を利用するユーザーにより簡便な、新たな利便性を提供していきたいと語っています。
 
同大学は今後、図書館だけでなくキャンパスや近隣エリアの他の場所にも自販機の設置を検討したいとしています。
 
 
参照元 : 9to5Mac
執 筆 : リンゴバックス

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる