モバイルアプリの売り上げは2018年までに2.5倍に~フリーミアムが牽引 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > モバイルアプリの売り上げは2018年までに2.5倍に~フリーミアムが牽引
2015年4月1日 10時59分

読了まで 152

モバイルアプリの売り上げは2018年までに2.5倍に~フリーミアムが牽引

AppAnnieIDC


 
スマートフォンの普及にともない、モバイルアプリ、特にフリーミアムの収益が伸びています。App AnnieとIDCが公開した「アプリ広告と収益化の最新動向レポート(2013~2018年)」から明らかになりました。

フリーミアムは売り上げ増、有料は減少

レポートによるとモバイルアプリのうち、基本的なサービスは無料で提供し、さらに高度な機能や特別な機能について課金する「フリーミアム」の売り上げが昨年70%以上伸びた一方、売り切り型の有料アプリは19%減、「ペイドミアム」(ダウンロード有料、アプリ内課金あり)は24%減となったことがわかりました。
 
今後もフリーミアム形式がモバイルアプリ市場を牽引するのは確実と見られており、端末1台あたりのモバイルアプリ売り上げは、2018年までに2.5倍増となる見通しです。
 
またモバイルアプリ内広告売り上げは昨年70%増となり、モバイルおよびパソコンのブラウザベースの広告売り上げを上回りました。2018年までには、モバイルアプリ内広告のみで(世界主要10カ国の計測データに基づく)、オンライン検索広告売り上げを上回ると予想されています。

国によって異なるアプストアとアプリ内広告売り上げの比率

アプリストアでの広告売り上げとアプリ内広告売り上げの比率は、国によってかなり差があります。インドではアプリ内広告の売り上げが70%を占めているのに対し、日本ではその反対に、アプリストア経由の売り上げが81%となっています。
 
モバイルアプリ売り上げが大きいのは米国と日本ですが、ブラジル、インド、ロシアにおける売り上げも、2018年にかけて急速に伸びると見られます。
 
 
参照元 : App Annie
執 筆 : lunatic

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる