アップル、元ドルビーのヴァイスプレジデントを採用 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > アップル、元ドルビーのヴァイスプレジデントを採用
2015年4月1日 07時40分

読了まで 146

アップル、元ドルビーのヴァイスプレジデントを採用

ドルビー ロゴ


 
近年、様々な企業の重要な人物についてヘッドハンティングを続けるアップルですが、また新たな人材を採用したことを米メディアの9to5Macが報じています。

映像・サウンド関連で新たな動きあり?

 
ロックウェル Apple  引き抜き
 
情報元によれば、アップルが新たに採用した人物は、映画、テレビ、記録メディアその他の音響記録・再生技術の研究、開発を行う米企業「ドルビーラボラトリーズ」のヴァイスプレジデントを務めたマイク・ロックウェル氏です。
 
同氏はドルビーラボラトリーズにおいて、「Dolby Vision(ドルビー・ヴィジョン)」と呼ばれる最新の映像技術の開発に関与した人物で、近年は同社の製品開発のほとんどに携わっていたとされています。すでにアップルに加わってはいるようですが、どういった役回りが与えられるのかは不明です。
 
アップルは昨年、米音楽大手のBeatsを買収しており、近い将来同社の音楽ストリーミングを統合したサービスを開始すると言われていますが、その関連でのヘッドハンティングでしょうか。
 
アップルは近年様々な業界から、キーパーソンとなるような人物たちをヘッドハンティングしてくることで知られています。以前はApple Storeや製品デザイン関連の求人が多かったものの、最近はApple Watchの発売に向けた求人として高級メゾンの人材の引き抜きに成功したり、大物メディアライターの引き抜きを実施したりもしており、その分野は様々です。
 
 
参照元:9to5Mac
執 筆:クロス

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる