トップページ > 最新情報 > アップル、3月からバッテリー関連の求人を本格化
2015年3月31日 13時14分

読了まで 146

アップル、3月からバッテリー関連の求人を本格化

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iphone6plus-battery
 
アップルが3月の始めから、バッテリー関連の求人に力を入れています。米AppleInsiderが報じています。

3月のみで9件もの求人

アップルは3月のみで少なくともバッテリーに関する9件もの求人を行っています。求人のあった肩書きには、バッテリー・ハードウェア・マネージャー、バッテリー・ファームウェア開発マネージャー、バッテリーパック・エンジニアリング・マネージャー、セル・エンジニア、エレクトリカル・エンジニアなどが含まれています。
 
一部の求人はMacBooks関連のようですが、iOS端末関連だと考えられるものもあります。たとえばバッテリーライフ・ソフトウェアエンジニア、パワーアナリティクス・エンジニア、ソフトウェア・パワーシステムズ・エンジニアといったものがそうです。特にこの3つの求人については「電池寿命を改良する革新的なソリューションを考案できるとともに、すばらしいエンドユーザー体験を提供できる」人材が求められています。

この秋発売の新iPhoneの電池寿命延長が目標か

アップルはこの秋の発売が見込まれる、新しいiPhoneやiPadの電池寿命を伸ばそうと考えているのかも知れません。噂の段階ではありますが、秋発売モデルとしてはiPhone6s、6s Plus、6cと3種類のモデルが挙がっています。
 
また4月発売のApple Watchの次期モデルを念頭に置いている可能性もあります。
 
 
参照元 : AppleInsiderApple
執 筆 : lunatic

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる