トップページ > iOS > 新OS向けiBooksタイトルをスタッフに先行配布
2013年7月29日 23時28分

読了まで 216

新OS向けiBooksタイトルをスタッフに先行配布

iBooks

 
9to5Macによると、アップルストアの四半期ミーティングで、今秋正式にリリースされるMac用の新OS、MavericksとiOS7に向けて「iBooks Discovery」と呼ばれるプログラムを展開し、来週にはiBooksで無償のタイトルをアップルストアのスタッフに配布すると伝えています。
 
iBooks appは2010年、初代iPadと同時にリリースされましたが、今回のMavericksのリリースで初めてMac上で使えるようになります。Mac版のiBooksでは「フルスクリーン表示」や「ノート機能」、そしてノートから「スタディカードを自動的に作成する機能」など多くの機能が加わっています。
 
今回、スタッフ向けに展開される「iBooks Discovery」プログラムでは、スタッフはお客様からの新しいOSについての質問への答え方、おすすめアプリの薦め方などを理解しながらiBookstoreだけでなく、iBooksが提供する多くの機能に慣れることが出来るようなプログラムになっています。
 
アップルは以前Appストアをリリースした際に、今回と同じような「Apps Discovery」という社内プログラムを実施し成果をあげていて、今回もアップルストアのスタッフには事前にiBookstoreやiBooksに慣れてもらい、Macユーザーにアップルならではの読書体験を紹介してもらおうと考えているようです。
 
7月上旬に開催されたアップルストアのリーダーを集めた「リテールサミット」でCEOのティム・クックは、「iPhoneの売上の80%がアップルストア以外で販売されており、アップルストアでの売上を拡大する」と発表していますが、iPhoneは「他のアップル製品のゲートウェイ商品である」と位置付けているように、iPhoneの拡販がMacやiPadなど他の商品の売上につながるようリテール戦略を強化しています。
 
実際、先週、App Store用のアプリをアップデートし、iPhone Back to Schoolキャンペーンや旧機種からの機種変更キャンペーンを展開したり、アップルストアのスタッフにはMavericksのベータ版へのアクセスやiPhoneへの改善のアイデア、店舗の環境や販売テクニックについても意見も求めたりしています。
 
いよいよ、今秋に迫ってきたiOS7 とOS X Mavericksの正式リリース向けて店舗側の準備も始まっているようです。
  
参照元:MacRumors
執 筆:リンゴバックス

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる