トップページ > iPhone6s > 次世代iPhoneは3モデル体制!?「iPhone6c」で4インチの復活か?
2015年3月26日 21時10分

読了まで 212

次世代iPhoneは3モデル体制!?「iPhone6c」で4インチの復活か?

iPhone6cコンセプトデザイン
 
Appleが2015年後半に発売するiPhoneは、iPhone6s、iPhone6s Plus、そしてiPhone6cの3種類となり、iPhone6cは4インチモデルとなる模様です。

次世代iPhone6sはA9チップ搭載、「iPhone6c」で4インチの復活か?

Appleが2015年後半、iPhone6s、iPhone6s Plus、そしてiPhone6cの3モデルを発売すると、台湾メディアのDigiTimesが業界関係者からの情報として伝えています。
  
スクリーンにはコーニング社のゴリラガラスが採用され、iPhone6sとiPhone6s Plusには次世代のA9チップが、iPhone6cにはA8チップが搭載されるとのことです。また、3モデルともApple Payの利用に必要なNFCと指紋認証センサーを搭載すると見られています。
 
3モデルには 、液晶の反応速度が速く製造コストが安いLTPS(低温ポリシリコン)ディスプレイが採用され、iPhone6s PlusとiPhone6c用ディスプレイはジャパンディスプレイ、シャープ、LGの3社が、iPhone6s用はジャパンディスプレイとLGが製造を担当すると報じられています。
 
なお、ジャパンディスプレイは2016年夏の稼動を目指して石川県に新工場を建設すると発表しており、費用の大半はAppleが負担すると見られています。
 
また、製造はiPhone6sとiPhone6s PlusについてはFoxconnグループが、iPhone6cはWistronがそれぞれ担当するとも伝えられています。

4インチiPhoneが復活か?

iPhone6で4.7インチ、iPhone6 Plusで5.5インチとなり、画面サイズが大きすぎると感じていたユーザーにとって、4インチモデルの復活となるiPhone6cは待望の存在となるかもしれません。
 
iPhone6c コンセプト画像
 
iPhone5cは日本では昨年、販売が終了してしまいましたが、諸外国では販売好調だったことから、iPhone6cの登場を確実視する報道もあったほか、デザイナーによるコンセプトデザインも発表されていました。
 
3モデル体制となる次世代iPhoneは、従来どおりのスケジュールなら半年後には私たちの前に姿を現すことでしょう。

 
 
参照元:DigiTimes
執 筆:hato

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる