トップページ > Mac > 【意識調査】新型「MacBook」に興味ありは3割!うち7割が購入意思あり
2015年3月19日 15時46分

読了まで 236

【意識調査】新型「MacBook」に興味ありは3割!うち7割が購入意思あり

MacBook MMD研究所
 
市場調査会社MMD研究所は19日、現地時間9日のスペシャルイベントで発表された新型「MacBook」に関する意識調査を行い、その結果を公開しています。

興味ありが3割、うち7割は購入意思あり

 
MacBook MMD研究所
 
3月11日から13日の間に、20歳以上の男女2,204人を対象にした同調査結果によれば、新型「MacBook」に「興味がある」との回答が14.0%、「やや興味がある」との回答が17.0%となり、合わせて31.0%となっています。やはり新製品ということで、多くのユーザーが興味を示しているようですね。
 
新型「MacBook」に興味あると回答した683人を対象にした質問によれば、「購入したいと思う」との回答が22.5%、「やや購入したいと思う」との回答が46.7%となり、計69.2%が購入意思を示す結果となっています。
 
調査対象者全体の約23.5%が購入意思を持っているというのは非常に高い数値で、驚きですね。

新カラーが人気を集める

 
MacBook MMD研究所
 
新型「MacBook」に興味あると回答した683人を対象に、どのカラーに興味があるかを尋ねたところ、以下のような結果となっています。
 
MacBook MMD研究所
 
新カラーのゴールドとスペースグレーがともに約34%となり、シルバーの約27%を引き離す結果となっています。

Macユーザーの方がWindowsユーザーより関心を示す

 
MacBook MMD研究所
 
新型「MacBook」に興味あると回答した683人が使用している所有PC別(所有端末は複数選択式)に購入意向を見たところ、上図の通り、Macユーザーの方がWindowsユーザーに比べて、新型「MacBook」に強い関心を示していることがわかりました。
 
しかし、Windowsユーザーもかなりの興味を示しており、新型「MacBook」に対する興味関心は、現在使用しているPCのOSを超えて、強いことが確認できます。

iOSユーザーが他モバイルOSユーザーに比べて強い関心を示す

 
MacBook MMD研究所
 
使用しているPCのOSに引き続き、所有しているモバイルのOS別調査結果も発表されています。スマートフォン/タブレット別に所有デバイス別に関心の度合いを見ると、いずれもiOSデバイスユーザーの方が、他OSユーザーよりも新型「MacBook」に対する関心が高いことが確認できます。
 
1点例外としては、タブレット側の調査結果の中でWindowsユーザーがiOSデバイスよりもさらに高い関心を示しています。これは調査の母体数が少なく(他OSが約100人超に対して、Windows OSは31人)、単純に比較できるものではないかもしれませんが、「Surface」などのWindowsタブレットに対して何らかの不満を抱いている可能性がありますね。
 
新型「MacBook」に対してはパフォーマンス面でネガティブな報道もありますが、今のところまだ発売されていない端末のため、ベンチマークテストの結果はあくまで予想でしかありません。4月10日に発売されて以降、どのような販売数推移を見せるのかが注目されますね。
 
 
参照元:MMD研究所
執 筆:クロス

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる