Apple Watchは第2世代が買い!?初代は買い控えが発生する可能性も - iPhone Mania
トップページ > Apple Watch > Apple Watchは第2世代が買い!?初代は買い控えが発生する可能性も
2015年3月18日 18時05分

読了まで 22

Apple Watchは第2世代が買い!?初代は買い控えが発生する可能性も

Apple Watch


 
4月24日に発売されるApple Watchについては、製造を担当する台湾メーカー クアンタ・コンピューター(以下、クアンタ)などにおいて、人員不足に伴う歩留り問題があると指摘されていますが、この問題が早期に解消しないことに伴い、第2世代のApple Watchの投入が早まる可能性を、テクノロジー情報メディアEMSOneが報じています。

第2世代のApple Watchは秋発売?

現在Apple Watchの製造を担当するクアンタは、さまざまな策を打つも、人員の確保ができず、歩留り問題が指摘されています。これにより、Apple Watchの流通量が需要に対して過少になる可能性があることから、第2世代の早期投入の噂が出始めています。
 
Apple Watchの次期モデルが今年秋にも発売されるかもしれないという噂は、すでにiPhone Maniaでもお伝えしている通りですが、その背景にはこうした問題があったということでしょうか。また、Appleは第2世代のApple Watchを投入する際、現状のサプライチェーンを大幅に見直す可能性があるようです。

組立はFoxconn、部品は日本が製造?

EMSOneによると、Appleはまず組立をiPhone6の組み立てなどで定評のある台湾メーカーFoxconnに置き換え、部品製造を日本に任せることを検討しているようです。歩留りの背景には、組み立て難易度が高すぎるだけでなく、部品の納期にも問題があったということでしょうか。
 
こうした動きから、市場では初代Apple Watchを買い控えるユーザーが続出するのではないかとの見方が出始めています。噂が事実であれば、半年程度待つだけで最新モデルが発売されることになるので、一定数の買い控えが発生することは間違いないでしょうね。
 
もちろん、まだApple Watchは発売もされていない状況なので、確かなことは分かりません。購入を考えている身としては事実でないことを願うばかりです。
 
 
参照元:EMSOne
執 筆:クロス

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる