トップページ > Mac > MacBook Proで反射防止コーティングがはがれる不具合が続発
2015年3月17日 11時16分

読了まで 144

MacBook Proで反射防止コーティングがはがれる不具合が続発

MacBook PRo 不具合
 
一部のMacBook Pro Retinaディスプレイモデルで、画面に施された反射防止コーティングが剥がれ、傷が付いたような状態になってしまう不具合が複数報告されている、と海外メディアのMacRumorsが報じています。

Appleにて無償交換のケースも

報道によれば、 今回の反射防止コーティングが剥がれる不具合はディスプレイと本体アルミの結合部分付近で多く生じており、Appleのサポートコミュニティで該当ユーザーが報告したことから発覚したようです。
 
同不具合が発生しているのは、2012年6月以降に発売されたMacBook Pro Retinaディスプレイモデルで、サポートコミュニティーには不具合が生じたユーザーが複数の写真を投稿し、100,000以上の閲覧数、600以上のレスポンスがあるなど注目を集めています。
 
MacBook PRo 不具合
 
中にはこれほどまでにひどい剥がれが発生したユーザーも存在しているようです。
 
本件について、いまのところAppleから公式のコメントなどは確認されておらず、無償修理・交換の対象となるのかも不明ですが、ユーザーの中には交換してもらうことができたという方もいるようです。筆者自身も発売時期がかぶるMacBook Pro Retinaディスプレイモデルを使用していて戦々恐々としていますが、いったい原因はなんなのでしょうか。
 
 
参照元:MacRumors
執 筆:クロス

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる