2015年3月13日 11時32分

読了まで 29

アップルの感圧タッチトラックパッド搭載MacBook Proの分解レポート

Force Touch


アップルが今週新しく発表したなどのノート型には、(感圧タッチ)トラックパッドが搭載されましたが、アップデートされた13インチが早くもユーザーの元に届き出したようです。
 
分解レポートでお馴染みのiFixitが、新たに感圧タッチトラックパッドを搭載したMacBook Proを早速分解し、レポートを公開しています。

感圧トラックパッド以外構造上の大幅変更はない

iFixitによりますと、最新の13インチMacBook Proでは、いくつかのチップの位置が変更され、ロジックボードのレイアウトが変更されているものの、感圧タッチトラックパッド以外、従来モデルから大幅な変更はないようです
Force Touch
新たに搭載された感圧タッチトラックパッドの細部を確認すると、てこの原理を利用して、4つの電磁石を小さな金属のレール上で押したり、引いたりしながら圧力に反応する構造になっているようです。アップルは、この原理については、先日のSpring Forwardイベントではほとんど説明しておらず、具体的にどのように動作するのかは分かっていませんでした。
 
あくまで推測ですが、感圧タッチトラックパッド上で、押して力を加えると電磁石が作動し、その後トラックパッドを押す力と移動する位置に反応するような設計になっていると思われます。
Force Touch
感圧を察知する仕組みは、トラックパッドの四隅にしっかりと取り付けられた、小さな4つのゲージが担っているようで、これら4つのゲージがユーザーのトラックパッドを押す力を測定し、信号に変換していると考えられます。

ストレージは2倍高速に

アップルは今回アップデートしたMacBook Proとで、同じSamsungのSSDとコントローラを搭載していますが、従来モデルとは違う新たなアーキテクチャを採用しています。アップルは従来モデルよりも2倍高速化されていると説明しています。

修理の難易度は10点中1点ともっとも困難

iFixitによりますと、今回分解を実施した新たなMacBook Proは修理しやすさの評点が10点中1点と、もっとも修理がしにくい評価となっており、何らかの不具合が発生した場合にはアップルに修理を依頼するしかないようです。
 
 
参照元 : Apple Insider
執 筆 : リンゴバックス

カテゴリ : Mac, 最新情報   タグ : , , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる