2015年3月3日 07時32分

読了まで 149

Apple、OS X Yosemite 10.10.3パブリックベータ版をリリース

Apple OS X


 
本日は、 10.10.3パブリック版をリリースしました。本パブリックベータ版のビルド番号は14D87pで、昨週リリースの14D87hとほとんど同じ番号形態となっており、末尾がパブリックベータ版を示すと思われる「p」に変更となっている点が特徴です。
 
「OS X Beta Program」に登録していれば App Storeからのダウンロードが可能ですが、まだ不具合が残っている可能性があるため、どうしても新機能を試したい、という方以外はダウンロードを避けるのが無難かと思われます。

新しい絵文字、iCloud版Photosアプリ搭載などが特徴

Appleが本日リリースしたOS X Yosemite 10.10.3のパブリックベータ版では、iOS8.3で実現する新しい絵文字やiCloud版Photosアプリが搭載されているほかGoogleアカウントを使用した2段階認証を用いてのログインなどが可能となっています。
 
リリース時期は未定ですが、iOS8.3については4月中旬にリリースされると報じられており、これと同時期になる可能性が高い状況です。実際に正式版としてリリースされるまでは不具合箇所が残っている可能性もあるので、一般のユーザーが興味本位でダウンロードするのはおすすめしませんが、新機能が好きで最新のテクノロジーに少しでも早く触れたいという方は、「OS X Beta Program」に登録していればMac App Storeからのダウンロードが可能となっています。
 
 
参照元:9to5Mac
執 筆:クロス

カテゴリ : Mac, 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる