トップページ > 最新情報 > Apple Watchにはバッテリー節約モードが搭載される?
2015年3月2日 07時05分

読了まで 147

Apple Watchにはバッテリー節約モードが搭載される?

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Apple Watch バッテリー
 
いよいよ発売が約1か月後に迫ったApple Watch。Apple初のウェアラブルデバイスとして大きな期待を集める一方で、バッテリー寿命が1日しか持続しない、という点については多くのユーザーから問題視されてきました。
 
しかし、この点について海外メディアのThe New York Timesによれば、同デバイスにはバッテリー節約モード「Power Reserve」が搭載され、バッテリー状態に関わらず、時計のみ表示できる可能性があるようです。

バッテリー切れ直前でも時計としての機能は存続する?

Apple Watchのバッテリー問題に関しては、ティム・クックCEOが直々に1日しか持たないと発言し、問題視されてきましたが、The New York Timesによれば、Apple Watchにはバッテリー節約モード「Power Reserve」が搭載されるようです。
 
これにより、仮に外出中にバッテリー残量が少なくなった場合でも、通知やメッセージ受信、その他機能に関しては使用できないものの、時計としての機能は維持される、としています。
 
これまで同機能搭載についてティム・クックCEOの口から語られたことはありませんが、自身が発言したバッテリー問題に対する反響があまりにも大きかったために、開発を進めていた、ということでしょうか?本モード搭載に関する詳しい経緯は不明なものの、同問題に関して不安視していたユーザーにとってはこれが事実であれば、朗報となりそうです。
 
 
参照元:9to5Mac
執 筆:クロス

カテゴリ : 最新情報, Apple Watch  タグ : , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる