トップページ > 最新情報 > iPhone5s/5c回線速度計測でソフトバンクが1位-価格.com調査
2013年9月27日 23時28分

読了まで 216

iPhone5s/5c回線速度計測でソフトバンクが1位-価格.com調査

9月20日に発売された「iPhone 5s」と「iPhone 5c」ですが、NTTドコモからも発売が開始され、国内主要3キャリアからiPhoneの提供が始まりました。会社選びで気になるのがやはり回線品質ですが、iPhoneを快適に使う為には切っても切れないLTE回線の回線速度の調査を「価格.com」が発表しています。

国内3キャリアの調査結果

結果は1位「ソフトバンク 下り27.71Mbps」2位が「au 下り19.54Mbps」3位が「ドコモ 下り13.10Mbps」となっています。計29駅で3キャリア5回づつの計測と言うことで、かなり正確なデータだと思います。(画像はクリックで拡大)
 

iPhone5s5c回線速度調査

調査実施機関:価格.com


●調査概要
混雑を避けて午前10時~12時と、午後13時~17時に各キャリアで5回づつ計測。iPhone5でもかなり詳細の調査を行っている同社ですが、5回計測の平均という所は他の調査と比較してもこだわり方が流石ですね。

各キャリアの激しい回線競争

価格.comが、同年2013年6月に行った「iPhone5」回線速度調査によるとソフトバンクが12.87Mbps、auが9.68Mbps、ドコモが3.93Mbpsとの事ですので、この3ヶ月で各キャリア共にかなり回線が早くなっているという事がわかり、非常に競争が激しい状況が見て取れます。
 
しかし、結果から見るとソフトバンクは孫社長の決算発表の場でもよく話しがでていましたが、利用者の「これでもか」というくらい詳細な動向を他キャリアの分まで調査し戦略的に基地局を増やしていて、更にイーモバイルの回線を使っている事が大きな差になっているようです。
 
発売前の下馬評ではプラチナLTEと呼ばれる800MHz帯の基地局の多い「au>ドコモ>ソフトバンク」という話しが多く見られましたが実際は「ソフトバンク>au>ドコモ」という結果になっています。
 
ユーザーとしては通信回線品質も料金も各社が競争する事で更に良いサービスになりますので、競争は歓迎といった意見が多いと思います。現在の所、今後の回線戦略の具体的な時期や展望についてはソフトバンクが来年2014年4月に更に800MHz帯のプラチナLTEをサービスを開始させ、更につながりやすくなるという事を発表しています。今後も各社の発表から目が離せませんね!
 
 
参照元:価格.com
執 筆:iPhone Mania

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる