YouTube、スマートフォン閲覧者がPCの約1.6倍に - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > YouTube、スマートフォン閲覧者がPCの約1.6倍に
2015年2月24日 23時59分

読了まで 25

YouTube、スマートフォン閲覧者がPCの約1.6倍に

2015年2月24日、ニールセン株式会社は、インターネット環境における「ビデオ/映画」カテゴリの最新利用動向を発表しました。なお調査は、同社が提供する視聴率情報ツール「Nielsen Mobile NetView」「Nielsen NetView」を利用して行われています。

動画視聴者、PCをスマホが上回る

Youtube 利用者


今回の調査結果によると、「ビデオ/映画」のコンテンツ視聴に対しての利用者は、2014年3月を境にPCとスマートフォンが逆転。スマートフォンはその後大きく視聴者を伸ばし、2015年1月には利用者がPCの約1.5倍にまで成長しました。
 
しかし、PC自体の利用者が微減であることを考えると、「ビデオ/映画」コンテンツの視聴頻度は、この1年を通して上昇傾向にあるということが考えられます。

YouTube、ニコニコ動画はスマホ視聴者増が顕著

ニコ動 Youtube
各動画サイトの視聴者状況はYouTube、ニコニコ動画といった短編コンテンツを中心とした動画サービスがスマートフォン視聴者を大きく伸ばしています。逆に、映画・ドラマなどの長編コンテンツが充実しているGyaoは、スマートフォンよりもPC利用者が増加している傾向にあります。

各サービスの利用者属性

動画 利用者属性
各サービスの利用者属性の大まかな傾向として、PC利用者が男性、スマートフォン利用者が女性と大きく分けることができます。最近の動画コンテンツは、サイト内検索だけでなく、SNSでシェアされるコンテンツをスマートフォンで視聴する機会も多い傾向があります。SNS利用者は女性の方がアクティブであることから、動画のスマートフォン視聴は、結果として女性ユーザーの割合が高くなっているのかもしれません。

YouTube、ニコニコ動画、Gyaoの特徴

動画サイト 特性
サービスごとの訪問回数と利用時間による調査では、どのサービスもスマートフォンよりPCの方が利用時間が長く、訪問回数が少ないという傾向であることがわかりました。
 
また、各サービスのポジショニングマップを元に考えると、YouTubeは音楽視聴、ニコニコ動画は娯楽動画、Gyaoは映画・ドラマといった各動画サービスごとの利用目的を想定することができます。
 
 
参照元:ニールセン株式会社
執 筆:chappy

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる