トップページ > iPhone5s > 「地方のドコモ」神話崩壊?iPhone 5s LTE速度対決・地方編をエンガジェットが公開
2013年9月27日 00時07分

読了まで 246

「地方のドコモ」神話崩壊?iPhone 5s LTE速度対決・地方編をエンガジェットが公開

寄居パーキングエリア
iPhone 5sLTE通信速度テストを地方都市で実施した結果を、エンガジェット日本版が9月26日に発表しました。総合的にはauが安定した接続速度を記録し、ソフトバンクも波はあるものの、多くの地点で高速で接続できています。一方、ドコモはサービスエリアでLTEの電波をキャッチできなかったり、新幹線の停車駅である佐久平駅で非常に低速だったりと、「地方に強いドコモ」神話崩壊を思わせる結果となっています。

地方でのLTEスピードテストの意義

iPhone 5sのLTE接続速度を比較した調査が続々と発表されていますが、それらは主に東京都内で測定した結果の比較でした。地方在住者にとって、一番気になるのは「自分の住んでいる地域ではどうなのか」です。仙台市に住む私の周りにも、「地方で電波が強いのはドコモ」と言う人が多いです。しかし、その根拠はあいまいで、単なるイメージから来る思い込みだったりします。その意味で、地方都市で実施されたこの調査の意義は大きいと考えます。

長野県と高速道路の合計8か所で調査

調査は、ドコモが800MHz帯でLTEサービスを提供している長野県内の3か所と、東京から長野に向かう高速道路5か所で、回線速度測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」を使って行われています。なお、ドコモの800MHz帯のLTEは現在、都市部では提供されておらず、山間部や人口の少ない地域で提供されているとのことです。

高速道路での計測、特に寄居PAで大きな差が

調査結果(高速道路)

出典:エンガジェット日本版 (クリックで拡大)


 
埼玉県にある、関越道の寄居パーキングエリアでは、ソフトバンクが40.05Mbpsという驚異的なスピードでトップ、次いでauが17.42 Mbpsと快適に使えるレベルの速度を出しています。一方、ドコモはLTEのアンテナが0本、速度は2.45 Mbpsと苦戦しています。

ドコモ、プラチナLTE圏内の長野でLTE接続不調

調査結果(長野県内)

出典:エンガジェット日本版 (クリックで拡大)


 
長野県内は、ドコモが800MHzのいわゆるプラチナLTEを提供している地域だそうです。しかし、測定が行われたJR佐久平駅、JR下中込駅、JR中込駅の3か所中、ドコモのLTE電波をキャッチできたのは中込駅の1か所のみ。その中込駅でも、auとソフトバンクの接続速度には及ばない結果となりました。

「地方で強いドコモ」は終わったのか

今回の調査結果を見ると、ドコモはすべての地点でau、ソフトバンクの接続速度を上回ることができず、LTEでの接続率も3キャリア中最低となっています。これまで「地方ではドコモが強い」というイメージが定着していましたが、今回の調査結果からは、LTE接続については必ずしも当てはまらない、と言えそうです。
 電波の状況は測定環境等、さまざまな要因によって変化するので、一概に今回の調査結果を全国の地方部にあてはめることはできませんが、キャリアの電波状況に関するイメージに一石を投じるものです。
 スマートフォンの普及率は三大都市圏で高く、地方部ではまだこれからです。今後、従来はガラケーを使っていた層がiPhoneをきっかけにLTEユーザーになっていくことでしょう。その時、各キャリアの通信環境整備の真価が問われます。
 
 
参照元:エンガジェット日本版
執 筆:hato

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : iPhone5s, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる