トップページ > 最新情報 > ドコモ社長「ドコモ光は好調」「格安SIMのリリースは未定」など注目発言連発!
2015年2月19日 13時36分

読了まで 159

ドコモ社長「ドコモ光は好調」「格安SIMのリリースは未定」など注目発言連発!

docomo ドコモ


 
3月1日よりサービス開始を予定している「ドコモ光」をはじめ、格安SIM事業に参入の噂があるなど話題の豊富なNTTドコモですが、同社の加藤社長がロイターのインタビューに対し、これらの状況について答えています。

「ドコモ光」予約受付状況は好調

 
ドコモ光 NTTドコモ
 
16日から事前予約受付を開始した固定回線サービス「ドコモ光」について、加藤社長は「上々のスタートだ。(NTT東西の「フレッツ光」から乗り換えるには)NTT東西から転用番号をもらう必要があるが、パンク気味だった」と、受付状況の好調ぶりを語っています。
 
収支状況についても早期の黒字化を見込んでおり、「16年度に黒字化できるようにしたい」と語っています。ネット上での評判はあれこれあるものの、事前予約申込の方法が比較的容易な画面で作成されていたこともあってか、ユーザーからの反応は上々のようですね。ソフトバンクも今後同様のサービス(「SoftBank 光」)を提供予定なので(KDDIはすでに提供中)、大手3キャリアの動向や契約数も今後注目を集めそうです。

MVNO市場参入については「いろいろな選択肢を考えている」

 
格安SIM MVNO 認知度
 
また加藤社長は、iPhone Maniaでもご紹介したMVNOでの格安SIM市場への参入についても言及しており、「いろいろな選択肢を考えているが、全然結論は出ていない」としています。話しぶりからするに、やはり同社の中でMVNO市場への参入が検討議題に挙がっていることは事実のようですね。
 
今年5月からはSIMフリー義務化が開始されることもあって、格安SIMの販売には各社が続々と参入していますが、ドコモとしても一連の動きは無視できないということでしょうか。
 
 
参照元:ロイター
執 筆:クロス

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる