トップページ > 最新情報 > 新しいiPhone発売日のサムスン端末の下取が210%増加
2013年9月26日 12時00分

読了まで 137

新しいiPhone発売日のサムスン端末の下取が210%増加

iPhone 5s


アップルはiPhone 5siPhone 5cの発売後3日間の記録的な売上を発表していますが、オンラインリサイクルのGazelleによりますと昨年のiPhone 5発売の同じ時期と比較して約4倍の買取件数があったことを明らかにしました。また、サムスンのAndroid端末のユーザーの新しいiPhoneへの下取りの件数は210%も増加したようです。
 
9月20日の発売日にGazelleは10時から11時の1時間の内に、なんと18,000人が新しいiPhoneを購入するために端末を下取りしたとのことで、昨年のiPhone 5発売時よりも買取価格は$50も上がっているとのことです。
 
Gazelleは新しくiPhoneを購入したユーザー3,000人に、どうして新しいiPhoneにアップグレードしたのかを調査したところ36%のiPhone 5sのユーザーは携帯会社との契約が満期になったからで、16%のユーザーがTouch IDを使ってみたかったのが理由のようです。
 
また同様にiPhone 5cのユーザーの29%はカラフルな本体とカメラが良い、同じく29%が価格がお値打ちだからと答えています。
 
 
参照元: TUAW
執 筆:リンゴバックス

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる