アップル、同性愛に反対する共和党ロビイストを「役立たない」と解雇 - iPhone Mania
トップページ > おもしろ ネタ > アップル、同性愛に反対する共和党ロビイストを「役立たない」と解雇
2015年2月18日 20時20分

読了まで 27

アップル、同性愛に反対する共和党ロビイストを「役立たない」と解雇

アップル 解雇 ゲイ


アップルが、アラバマ州のとあるロビイストとの契約を打ち切ったことが分かりました。当ロビイストであるジェイ・ラブ氏は、かねてより同性愛者に対して否定的な見解を表明し続けていたため、ゲイであることを公言しているティム・クックCEOの怒りを買ったのでは、と考えられています。

これまでも同性愛者を非難


アップル 解雇 ゲイ
 
アップルのスポークスマンであるKristin Huguet氏は、「ジェイ・ラブ氏はアップルのために働いてもいないし、私達の代わりに何かロビイスト活動をしてくれてもいない」とHuffington Postに語りましたが、なぜ関係を解消したのかは明らかにしませんでした。
 
これまでにも、ラブ氏はミス・アメリカ候補が同性愛に反対する旨を語ったことについて賞賛したり、共和党議員としても「伝統的な結婚」の維持を議会でアピールするなど、ゲイやレズビアンの結婚に対して保守的な考えを積極的に示していました。
 
2013年に議員を辞してからはロビイストとして教育問題で活躍していましたが、今回のアップルとの契約解除は、おそらくCEOであるティム・クック氏と、同性愛について価値観が合わなかったのでは、という見方が一般的です。

昨年ゲイであることを公表したクックCEO

2014年にゲイであることをカミングアウトしたクック氏は、Fortune誌に掲載される上位500社の企業経営者で、ゲイであると公表した初の人物でもあります。
 
「私は自分の性的指向を否定したことはなかったものの、これまで公表したこともなかった。たった今までは。」と、昨年クック氏はブルームバーグのインタビューで語りました。「だから、はっきりさせておこう。私はゲイであることを誇りに思うし、神さまが私にくれた最高の贈り物だと考えている」
 
ティム・クック氏がどうであるかという以前に、比較的リベラルな風潮であることでも知られるアップルが、なぜ保守的なロビイストと契約していたのかは定かでありませんが、いずれにせよ、今回の件によってジェイ・ラブ氏は、アップルの意向を世にしらしめる上で、体を張って最初で最後の「大仕事」をしたと言えそうです。
 
 
参照元:Huffington Post
執 筆:kihachi

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる