情報関連メディアのライターをAppleが引き抜き - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > 情報関連メディアのライターをAppleが引き抜き
2015年2月18日 11時58分

読了まで 150

情報関連メディアのライターをAppleが引き抜き

Chris Breen


 
他社から優秀な人材のヘッドハンティングを続けるAppleですが、今度はApple情報などを配信している海外メディアMacWorldのライター/シニアディレクターを務めるChris Breen氏を引き抜いたようだ、と海外メディア9to5Macが伝えています。

ライターの引き抜きは過去にも

直近では「BBC Radio 1」の人気DJであるZane Lowe氏をヘッドハンティングしたAppleですが、同社は近頃、高級メーカーのマーケティング担当やデザイナー、メーカー重役など、多分野から優秀な人材の引き抜きを続けています。今回Appleのお眼鏡にかなった人物はApple情報などを配信している海外メディアMacWorldのライター/シニアディレクターを務めるChris Breen氏で、すでにMacworldも同氏の退社を伝えています。同メディアは「私たちが受けた損失は、Appleにとって大きな利益になる」と綴っており、同氏の能力の高さを示しています。
 
同氏がどのような担当を受け持つことになるのかは不明なものの、9to5MacはPR担当に就くことを予想しています
 
ちなみに、Appleによるジャーナリストのヘッドハンティングは今回が初めてではなく、過去にはAnandTech.comのAnand Shimpi氏の引き抜きに成功しています。
 
Appleにとって、社外から長年にわたって自社を見てきた人材を確保することは、今まで盲点となっていた箇所が明らかになる点で、社内的にも重要視されているということなのでしょうか。
 
 
参照元:9to5MacMacRumors
執 筆:クロス

カテゴリ : 最新情報  タグ :

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる