トップページ > 最新情報 > クックCEO、新オフィス開所式のためイスラエルへ
2015年2月13日 06時03分

読了まで 136

クックCEO、新オフィス開所式のためイスラエルへ

apple-herzliya-offices1
 
ティム・クック最高経営責任者(CEO)が、新オフィスの開所式に参加するため、来週初めにイスラエルへ向けて出発するようです。米メディア9to5Macが、イスラエルの日刊紙Calcalistの報道を伝えています。

イスラエルのヘルツリーヤに新オフィス

同紙によると、イスラエルの中央沿岸地方テルアビブ地区のヘルツリーヤに位置する、広さ約1万6,700平方メートルの新オフィスには、約800人の従業員が勤務する予定とのことです。
 
新オフィスの機能は明らかにされていませんが、アップルはイスラエル国内に、数年前から複数のオフィスを所有しています。またイスラエルの新興企業にも注目しており、2011年にNAND型フラッシュメモリ技術のAnobitを買収、続いて同じ年の11月に3Dセンサー関連のPrimeSenseを買収しています。
 
新オフィスの訪問に加え、クックCEOはイスラエルの政府関係者およびテクノロジー業界の重鎮との面談を予定しているようです。クックCEOは昨年クパチーノの本社で、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相と会っています。
 
 
参照元 : 9to5Mac
執 筆 : lunatic

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる