トップページ > 最新情報 > スマートフォン回線速度調査、ソフトバンクはテーマパークに強い
2015年2月13日 09時29分

読了まで 153

スマートフォン回線速度調査、ソフトバンクはテーマパークに強い

2015年2月9日、株式会社ICT総研は、東京近郊のデートスポットにおいて「スマートフォン回線速度調査」を行い、結果を発表しました。なお、計測は東京ディズニーランド、スカイツリー、サンシャイン水族館をはじめとする都内近郊の30か所で行われています。

Softbank、テーマパークで1位

iPhone 通信速度


今回行われた調査では、テーマパークにおいての下り回線速度は、Softbankが1位という結果になりました。速度でも平均33.13Mbpsとなっており、他の計測値と比較しても最速の数値が出ています。一方、商業施設においてはauが29.08Mbpsで1位となりました。しかし、全体を通して見るとワイモバイルを除く3社はほぼ均一。下りスピードにおける優劣はつけがたい結果となっています。

全体1位は僅差でdocomo

iPhone 東京 通信速度
上り速度の調査ではdocomoが10.53Mbps、次いでSoftbankが9.10Mbpsと抜けており、6.06Mbpsで3位のauを大きく引き離す結果となりました。Softbankは上り速度に関してもテーマパークで1位となっており、人口密集地での強さが表れています。

50Mbps以上の地域が多いのはau

iPhone ソフトバンク 通信速度
全体の下り速度分布ではキャリアごとに特徴が分かれました。docomoは全体の平均値、auは50Mbpsを超える地域が他のキャリアよりも多い、Softbankは30Mbps以上の速度を発揮するカバー地域が1番多いという結果になりました。
 
回線の通信速度は、キャリアを選ぶうえで非常に重要なポイントになります。また、機種によってキャリア毎に回線速度が異なる傾向があるため、スマートフォンの新規購入や機種変更を考えている方は、自分の機種に強いキャリアを選ぶという視点も重要になってきますね。
 
参照元:株式会社ICT総研
執 筆:chappy

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる