トップページ > 最新情報 > 指紋認証「Touch ID」のハッキングは心配いらない
2013年9月25日 09時05分

読了まで 158

指紋認証「Touch ID」のハッキングは心配いらない

Touch ID
Chaos Computer Clubがアップルの指紋認証センサー「Touch ID」を指紋の写真を使って迂回できるという記事をご紹介しましたが、その後も、アメリカの議員も巻き込みこの指紋認証についてはさまざまな議論が行われているようです。
 
Chaos Computer ClubのメンバーStanburg氏が新しい動画を公開していますが、セキュリティの専門家であるMarc Rogers氏は「一般の人は何も心配することはない」と極端な議論で一般の人は過度に敏感になる必要はないと述べています。

動画の中でCCCはiPhone 5sの画面から採取した指紋を何重にもおよぶ複雑な方法で使用できる画像に変換しているのですが、Stanburg氏はやり方は想像以上に簡単で約30時間くらいで終わるだろうと述べていて、当初はTouch IDをハッキングするのに1〜2週間は掛かると思っていたがあっさり終わったのでがっかりしたとも話しています。Touch IDは信頼おける機能で、利便性は上がるがセキュリティが強固になる訳ではないと述べています。
 
動画のStanburg氏はTouch IDの迂回は非常に簡単で高価な機器は必要なく、オフィスにあるイメージスキャナーとレーザープリンター、エッチングキットなどがあれば問題ないと主張していますが、実際Touch IDのハッキングを行ったセキュリティ専門家のMarc Rogers氏は数十万円掛かる装置が必要になると反論しています。
 
またMarc Rogers氏はこのハッキングはある種の技術や研究の組み合わせであり、犯罪捜査の技術も必要とし、やっていることはトリビアに過ぎないので一般の人はあまり心配する必要はないとも述べています。
 
 
参照元: MacRumors
執 筆:リンゴバックス

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる