もはや自社では利益出せず~ソニー、オンラインゲーム部門売却 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > もはや自社では利益出せず~ソニー、オンラインゲーム部門売却
2015年2月4日 16時50分

読了まで 156

もはや自社では利益出せず~ソニー、オンラインゲーム部門売却

ソニー 売却 ソニーオンラインエンタテインメント


 
ソニーは月曜日、ソニーオンラインエンタテインメントを売却することを発表しました。1990年代後半から長らくオンラインゲーム業界を支えてきた企業の撤退だけに、ネットでは驚きの声が上がっています。

先駆的存在だったが

同社は過去には1999年に公開されたエバークエストなどを始めとするオンラインゲームやMMOなどで名を上げてきましたが、近年はリーグオブレジェンドを手がけるRiot Gamesや、Supercellなどのモバイルゲーム企業に押され気味でした。
 
また、今ではお馴染みとなった基本無料の課金型ゲームモデルを他社に先駆けて構築したのもソニーオンラインエンタテインメントでしたが、このモデルの代表作であるスターウォーズのゲームですら、期待していたほどの収益を計上することは出来ませんでした。
 

切り離されて再スタート

ソニーは金融とメディアが稼ぎ頭になって久しく、以前の主力分野であった家電とゲームは見る陰もありません。アナリストのMichael Pachter氏は、「ソニーはハードウェアビジネスを支えるために、音楽やモーションピクチャー、ゲームといったメディアビジネスに集中投資している」と語ります。「その一方で、オンラインゲームはソニーにとって何の役にも立っていない。業界自体が衰退しているなか、同分野はソニーにとって非戦略資産と化してしまった」

 
今後ソニーオンラインエンタテインメントは、売却先のデイブレークゲームカンパニーに社名が変更されますが、ソニーから離れることによって、同社はマイクロソフトのXboxなどソニー以外の家庭用ゲーム向けソフトを開発できることに加え、これまではパソコンやプレイステーション向けソフトの開発のみであったデイブレークにとっても、今回の買収はチャンスとなったようです。
 
 
参照元:NYT
執 筆:kihachi

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる