トップページ > iPhone5s > 【自腹レポート】iPhone 5sの指紋認証「Touch ID」の快感はクセになる!

読了まで 232

【自腹レポート】iPhone 5sの指紋認証「Touch ID」の快感はクセになる!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

筆者はiPhone 5s発売翌日の9月21日に、iPhone 5sを購入して3日間、使ってみました。特に興味があった指紋認証Touch ID」について、実際の使い勝手がどうなのか、レポートします。

最初、指紋をどこから登録すればいいかわからずオロオロ。

購入したばかりのiPhone 5sをウキウキで持って帰り、開封して最初にやってみたかったことは、話題の「指紋認証の登録」でした。販売店の店頭に置いてあったデモ機では、ホーム画面に「Touch ID」のアイコンがあったのですが、見当たりません。(注:店頭で見ていたのは、アップルが配布していたTouch ID機能説明アプリでした)
 
「設定」メニューだろうと考えたのですが、「設定」メニューの中には見つけられず、「設定」の下階層の「プライバシー」にもありません。あれれ?どうしちゃったんだろう、とオロオロしてしまいました。
 
落ち着いて確認したところ、「設定 > 一般 > パスコードと指紋認証」から登録できるとわかり、ひと安心しました。いったん登録してしまえば、頻繁に変更するメニューではないので、この位置にあるのは妥当でしょうね。

登録はペタペタ触って20秒ほどで完了

気を取り直して、いよいよ指紋の登録に取り掛かります。4ケタのパスコードを入力して「パスコードと指紋認証」のメニューに入ると、「指紋認証」のメニューがあります。
 
早速、画面の指示に従って、ホームボタンをペタペタと触ります。指紋が認識されると、指紋の溝がじわーっと赤くなり、短い振動が返ってきて、指紋が認識されていることを実感できます。
 
Touch ID登録中
 
この時、ホームボタンを「タッチ」するのであって、「プッシュ」してはいけないことに注意が必要です。うっかりプッシュしてしまうと、「おっと、クリックしてしまいましたね」と注意されてしまいました。
 
あとは画面の指示に従って進めると、20秒ほどで登録作業が完了しました。

ポケットから出してすぐ使える快感!

仕事の時、私はiPhoneをジャケットの胸ポケットに入れています。今までは、「右手の親指でホームボタンを押しながらポケットから取り出す」→「左手に持ち替える」→「右手でパスコードを入力する」、という3段階のステップを、一日に数十回も何の疑問もなく繰り返していました。
 
しかし、Touch IDがあれば、ポケットから取り出す時にホームボタンを軽く押して、親指を当ててやるだけで、iPhone 5sがすぐに使えるようになっています。たったこれだけのことですが、iPhoneを右手から左手に持ち替える手間がなくなり、パスコードを入力するために画面を見る必要がないというのは大きなメリットです。

まとめ:この快感はクセになる!

まだ3日しか使っていませんが、Touch IDのおかげでiPhoneを一層快適に使うことができるようになりました。今まで当たり前に繰り返してきた、パスコード入力のステップから解放されることが、こんなに快感だとは思ってもいませんでした。Touch IDは一度使ったらクセになることを断言します!
 
 
執 筆:hato

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone8/Plus/Xの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone X・8/8 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : iPhone5s, 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる