トップページ > iOS > iOS8、カレンダーアプリで不具合が発生中!通称「GMTバグ」
2015年1月26日 09時40分

読了まで 146

iOS8、カレンダーアプリで不具合が発生中!通称「GMTバグ」

Apple iOS8 カレンダー 不具合
 
iOS8はリリース当初から不具合の多さが指摘されてきましたが、デフォルトのカレンダーアプリにも不具合が認められる、と複数の海外メディアが報じています。
 
今回の不具合は、カレンダーアプリに登録した予定の時刻が、すべてグリニッジ標準時(GMT)で登録されてしまうもので、通称GMTバグと呼ばれるもののようです。

昨年9月から問題は継続か

実はこの不具合については、すでにお気づきの方がいらっしゃったのかもしれませんが、昨年9月にiOS8がリリースされて以降継続していたバグのようで、GoogleまたはMicrosoft Exchangeサーバーのいずれかを使用して予定を追加した際に生じてしまうもののようです。
 

 
筆者自身は別のカレンダーアプリを使用していたので、気づくことがありませんでしたが、この不具合については本稿執筆時点でAppleのサポートフォーラムに41ページにわたって報告がされており、該当の方にとっては悩ましい問題です。iOS8.1.2でもこの不具合については修正されておらず、いまのところ回避するにはサードパーティがリリースしているカレンダーアプリを使用するしかないようです。
 
これほどまでに大きな問題となっていることから、Appleはすでにこの問題について認識している可能性が高いといえます。近日リリースが予定されているiOS8.1.3ではこの不具合が修正されていることを期待しましょう。
 
 
参照元:Forbes
執 筆:クロス

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる