トップページ > 最新情報 > KDDI(au)がAndroid OS搭載ガラケー「AQUOS K」と料金プランを発表!
2015年1月19日 19時20分

読了まで 228

KDDI(au)がAndroid OS搭載ガラケー「AQUOS K」と料金プランを発表!

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

「AQUOS K」(SHF31)

シャープ製の「AQUOS K」(SHF31)


 
KDDIは本日、Android OSを搭載したフィーチャーフォン(通称ガラケー)「AQUOS K」を2月下旬に発売すると発表しました。
 
AQUOS K」は、10キー操作など、ガラケーに求められる操作性に加え、クアッドコアCPUの搭載や高速データ通信「4G LTE」への対応などスマートフォンとしての機能も備えており、新たな”ガラケー”のスタイルとして注目を集めています。

機能はスマホ、見た目はガラケー

「AQUOS K」は先日iPhone Maniaでもご紹介した通り、機能的にはスマートフォンを思わせるものの、見た目は完全なる”ガラケー”という新しいジャンルの携帯電話となっています。
 
まず、最大の特徴は何と言ってもAndroid OSを搭載していることで、LINEなどのアプリケーションも利用可能となっています。また、4G LTE通信に対応していることから、高速のインターネット通信が可能となっていることに加え、テザリングも利用可能となっています。
 
ただし、画面のタッチ操作は非対応で、操作はすべて10キーで行う必要があり、スマートフォンに慣れ親しんだ人間としては不思議な携帯電話に仕上がっているのが特徴です。
 
「AQUOS K」の基本スペックは以下の通りとなっています。
 
● 商品名:AQUOS K SHF31
● 搭載OS:Android (TM) 4.4
● メーカー:シャープ
● ディスプレイ:約3.4インチ TFT/qHD
● 重量:約128g
● カメラ:約1,310万画素/CMOS
● 電池容量:1,410mAh
● サイズ:約51 (W)x113 (H)x16.9 (D) mm
● メモリ:約8GB (ROM) /約1GB (RAM)
● 連続通話時間:約620分
● 待受時間:約470時間 (LTE)、約610時間 (3G)
● カラー:レッド、ホワイト、ブラック
● 外部メモリ:microSDHC (TM) (最大32GBまで)

料金プランについて

「AQUOS K」は、「カケホとデジラ」または「LTEプラン」の対象となっています。なお、「AQUOS K スタート割」も同時に発表されており、最大4年間、毎月の利用料金から1,000円 (税抜)の割引を受けることが可能です。キャンペーン前後の価格は以下の通りです。
 
「AQUOS K」(SHF31) 料金プラン
 
このほか、55歳以上で「AQUOS K」を購入したユーザ向けに、月間データ容量0.7GBを含む「シニアプラン」を提供する、などの発表もあります。詳しくはKDDIのWebページをご確認ください。
 
 
参照元:KDDI
執 筆:クロス

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる