トップページ > 最新情報 > iPhone5のタッチスクリーン、Androidの2倍のスピード

読了まで 159

iPhone5のタッチスクリーン、Androidの2倍のスピード

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

ストリーミング配信会社であるAgawiのTouchMark benchmarksによると、iPhoneのタッチスクリーンは、AndroidやWindowsよりずっと早いレスポンスタイムであるとのことです。

 

iPhone 5 性能

iPhoneがダントツの速さ

Agawi社は、自社の技術を用いて、いくつかの別々の種類のスマートフォンのアプリ・レスポンス・タイム(ART)を測定しました。ARTは、ユーザーが端末のディスプレイを触った時から端末がスクリーン上で反応するまでの待ち時間を計測したものです。

 

アップルのiPhoneは、最小アプリ・レスポンス・タイム(MART)が55ミリ秒ということがわかり、Galaxy S4(114ミリ秒)より良好な結果となりました。 ルミア928は、同程度の数値で117ミリ秒、iPhone4は、85ミリ秒となりました。HTC One,とMoto Xは、最も高いMARTで、それぞれ121ミリ秒、123ミリ秒となりました。

 

画像処理、プロセス処理で格段の差

マイクロソフトは、さまざまなタッチスクリーンの応答時間の違いを、実世界のデバイスの体験近い形で表現したビデオを公開しています。映像に見られるように、100ミリ秒の遅延時間と50ミリ秒の待ち時間の間には顕著な差があります。

 

Awagi社の分析によると、アップルのタッチスクリーンは、AndroidやWindowsの端末と比較して、画像処理やプロセス処理面で大変優れているものと考えられます。同社は、さらなる包括的なテストが必要であり、コーディングの差異により、結果に若干の相違が出てくる可能性があるとしています。

 

販売面だけでなく、性能面でもiPhoneの優位性の一部が今回のテスト結果で示されました。
スクリーンのタッチスピードは、気にならない人も多いかもしれませんが、一旦そのスピードに慣れてしまうと、少しでも遅くなるのは耐えられないものです。

 

参照元:MacRumors
執 筆:MIYA

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる