トップページ > 最新情報 > Apple、中国に5週間で5店舗をオープン
2015年1月16日 07時16分

読了まで 158

Apple、中国に5週間で5店舗をオープン

AppleStoreimage


 
Appleが今後約5週間という短期間で、中国に5店舗を出店することが明らかになりました。中国メディアXinhuaが報じています。

今後2年間で40店に

Appleの小売およびオンライン部門の上級副社長であるアンジェラ・アーレンツ氏は同メディアに対し「中国の旧正月(春節、2月19日)までに、新たに5店舗を開きます。そのうち4店舗は当社にとって新たな都市に建てられます」と語っています。
 
5店舗の最初の1店は1月9日、河南省の省都である鄭州にオープンしました。浙江省・杭州店は24日に開店予定となっています。
 
中国でのAppleストア第1号店が2008年に北京に開店して以来、Appleは徐々にその店舗数を増やしてきましたが、今回の一挙5店舗開店により、総店舗数は20店となります。
 
ティム・クックCEO(最高経営責任者)は昨年10月、今後2年以内に中国店舗を40店まで増やすと述べています。

Appleは中国各地で求人

上記2店舗以外の3店舗の出店先についてアーレンツ氏は明らかにしていませんが、同社の中国向けウェブサイトによれば、現在安徽省、貴州省、河北省、山東省、山西省、天津市、内モンゴル自治区で求人をかけており、このいずれの地域にも現在Appleストアは存在していません。
 
中国の上海店は1日の来店者数が2万5,000人以上と、世界でもっとも多い店舗のひとつです。
 
Appleの中国部門は2012年以降スタッフを75%も増やし、現在では小売部門だけで3,700人以上を雇用しています。
 
またオンライン部門の売り上げも伸びており、Appleの2014年のオンライン注文は前年対比で80%以上も増加、アーレンツ氏は「当社にとってもっとも急速に伸びている店は中国のAppleオンラインストアです」と述べています。
  
参照元 : Xinhua
執 筆 : lunatic

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる