トップページ > Mac > 12インチ新型MacBook Air、3月までの発売に向け、量産開始か
2015年1月13日 18時45分

読了まで 27

12インチ新型MacBook Air、3月までの発売に向け、量産開始か

MacBook Air

Martin Hajek氏による新型MacBook Airのコンセプトデザイン


 
本日、海外メディアのMacRumorsが、AppleのサプライヤーであるQuanta Computerからの情報として、12インチディスプレイ搭載の新型MacBook Airは2015年第1四半期(1~3月)中のデリバリーに向けて、量産を開始したと報道しました。

12インチディスプレイ搭載MacBook Airについて

今年3月までの発売が噂されている12インチディスプレイ搭載のMacBook AirについてはこれまでもiPhone Maniaで最新情報をご紹介してきました。
 
最新の情報としては、Apple内部の人物から提供された詳細情報を基にして作成された画像をお伝えしています。現在でも十分に薄く軽いMacBook Airですが、新型モデルでは新しいBroadwell Core M プロセッサーの搭載やポートの削減などにより、さらなる薄型化が見込まれています。

Quanta Computerは、さらに30,000人の従業員を手配か

Quanta Computerは、新型MacBook Airのほかに、3月にリリース予定のApple Watchのサプライヤーも務めている、とされています。
 
今回両デバイスの量産を開始するに当たり、さらに30,000人もの従業員を追加で手配するようです。

11インチディスプレイ搭載のMacBook Airについては廃止?

現在MacBook Airは11インチと13インチが販売されていますが、情報元ではあわせて、今後12インチの新モデルが発売されたのちには、11インチのモデルは廃止となるのではないか、と報じられています。
 
Appleは新型のiPadとしてより大型化したiPad Proを発売し、iPad miniについてはiPhone6 Plusとの兼ね合いから廃止するのではないか、とされていますが、大型化の波はMacBook Airの方にも波及するかもしれません
 
 
参照元:MacRumors
執 筆:クロス

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる