トップページ > iPhone5s > 「iPhone 5sが当選した」?偽メール、日米などで1日140件超…サイバー攻撃か
2013年9月21日 23時01分

読了まで 151

「iPhone 5sが当選した」?偽メール、日米などで1日140件超…サイバー攻撃か

5sスパムメールは1日140件超

スパムメールの一例

 
アップルが20日に発売した新型スマートフォン「iPhone 5s」「iPhone 5c」が人気ですが、「iPhone 5sの抽選に当選した」という偽の内容が書かれたメールが、日米などのパソコンに1日140件以上も送信されていたことが、トレンドマイクロ社の調査でわかりました。iPhone Maniaでは14日にこのメールについて、「俺だよ、俺オレ!Apple StoreでiPhone 5sがタダだよ!」という記事で触れましたが、今回はその調査結果が発表されました。
 
その偽の当選メールには、個人情報を入力するホームページに誘導するアドレス(URL)が記されており、トレンドマイクロ社は個人情報を盗み取るサイバー攻撃の恐れがある、と注意を呼びかけています。
 
トレンドマイクロ社は、iPhone 5sに関する報道が盛んだった今月10日(日本時間)の1日間に、日米をはじめとした計11カ国の個人のパソコンを調査。その結果、アップルの配信サービス「Apple Store」を騙って、受信者が最新のiPhone 5sとiPadの抽選に当たったと記載されたスパムメールが送られていたようです。
 
「当選したiPhone 5sを受け取るには、特定のWebサイト上でEメールアドレスおよびパスワードを入力する必要がある」とといった内容のメールが少なくとも144件送信されていたようで、メールに書かれたアドレスをクリックすると、メールアドレスやApple StoreのIDやパスワードの入力を求めるホームページに繋がる、と報告しています。
 
アップルによるとiPhone 5sの抽選は行っていないとしています。
 
執 筆:あちゃ

カテゴリ : iPhone5s, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる