トップページ > Apple Watch > Apple Watch初のドックアクセサリーがCESに出展
2015年1月5日 14時23分

読了まで 153

Apple Watch初のドックアクセサリーがCESに出展

Apple Watch


アメリカのラスベガスで6日(現地時間)から開催される、International CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)に、今年初めにもアップルから発売が予定されているApple Watch向けの初めてのアクセサリーが出品される模様です。

インダクションチャージに対応

Standoutが出品するThe Bandstand Apple Watch Dockは、アップルがApple Watchで初めて採用した電磁誘導充電(インダクションチャージ)に対応したドック型のスタンドです。本体には2つのUSBポートを備え、同時にiPhoneやiPadの充電も可能です。また、充電中のApple Watchのディスプレイの向きは自由に変えられるようになっています。

今春には多くのApple Watchアクセサリーが発売

今回出品されるThe Bandstand Apple Watch Dockは、初めてのApple Watch用のドックアクセサリーとなりますが、今年Apple Watchが正式に発売されれば、今後は同様の多くのドックアクセサリーが発売されると思われます。
 
ただ、Apple Watchは腕に装着する時間が長く、ドックに搭載する必要があるのかは疑問です。必要な情報はiPhoneやiPadでも得られますから、わざわざドックに搭載したApple Watchの小さな画面から情報を得ることはほとんどないような気がします。今のところApple Watch自体が発売されていませんから、使い勝手は何ともわかりません。
 
International CESにはアップルは出展しませんが、アップルに関連する製品やアクセサリーなどが数多く出展されると予想されています。
 
 
参照元 : Gigaom
執 筆 : リンゴバックス

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる