トップページ > 最新情報 > iPhone5Sの発売は遅れ、iPhone Lite、iPad 5、Haswell搭載のマックの発売は早まる
2013年7月23日 18時13分

読了まで 221

iPhone5Sの発売は遅れ、iPhone Lite、iPad 5、Haswell搭載のマックの発売は早まる

アップルの次世代iPhoneは、2012年のiPhone5のように製造に対する障害に直面している可能性があります。一人の専門家は「iPhone Lite」、改新した「iPad5」とハスウェル搭載のMacBook ProやiMacはその間に発売されるだろうと予測しています。
 
Apple製品の出荷予定
 

アップルインサイダーが入手した情報によると、KGI証券の専門家Ming-Chi Kuo氏は、アップルのiPhone5Sの製造に至っては‘おびただしい数の構成要素’の問題があり、組み立てに対する困難のために次期のモデルは9月末に限られた数の販売になると予想を立てています。

 

「出荷台数の予測ではまだ13年度4半期の急成長を見込んでいますが、名前が浸透し、時間による供給が成熟した頃、需要は衰えてきているだろうと予測し、生産者も同じ問題に直面する可能性による懸念がある」とKuo氏は言っています。

 

そして、この専門家は巷で噂になっている廉価版iPhone出荷は、iPhone5Sよりも製造行程が複雑ではないために、先に発売されるだろうと予測しています。Kuo氏は次期モデルの価格は450ドル~550ドル程度になり、2013年度の総出荷量は26億個になるだろうと予測しています。しかし、世論は30~40億個の出荷を必要としています。

 

一方アップルのタブレットの予測については、Kuo氏の記事にはiPad miniの発売予定はありませんでしたが、” 2013年のiPadのハイライト“と題された9.7インチにデザインを直したものが残されていました。そして、その記事によるとアップルは、RatinaディスプレイとA7プロセッサーを搭載した7.9インチタブレットの販売は今年いっぱいは行なわれないとの見方です。電力消費の高いRatinaディスプレイは、機種の電池効率を向上させる事が必要条件になっており、アップルは2014年の3月か4月の商品発表を予定している見込みです。

 

興味深い事に、Kuo氏は伝説的なA5プロセッサーが廉価版iPad miniに搭載される可能性を指します。この機種は今年の末、12月ごろの発売を予測していますが、来年アップルから発売される次期タブレットは、現行のiPad miniと比較すると大幅なプライスダウンを余儀なくされるでしょう。

 

最後に、Macのラインナップは今後数ヶ月でインテルのハスウェルへのアップグレードが引き続き表示されます。Retinaディスプレイを搭載したMacBook Proは9月半ば、ハスウェルチップ搭載のiMacは8月を目処に発売される見込みです。

 

参照元:Apple Insider
執 筆:iPhone Mania

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる