Apple、上海でApple Payの技術者を求人 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Apple、上海でApple Payの技術者を求人
2014年12月19日 12時48分

読了まで 153

Apple、上海でApple Payの技術者を求人

ApplePay


 
Appleが12月第3週、中国の上海で、Apple Payの技術者の求人を行いました。米メディアAppleInsiderが発見、報告しています。

求人からわかるApple Pay導入計画

同メディアによると、求められていたのは「Apple Pay Site Reliability Engineer」で、勤務時間は週40時間、米国および欧州のAppleスタッフと協力して仕事ができる人材、と記されていたようです(現在は見ることができません)。
 
Appleは上海での求人に加え、同じ週にロンドンでもApple Pay業務に携わるインターンの募集をかけています。10月に導入されたApple Payは、現時点では米国内でしか利用できません。しかしこれまでの求人広告から、同社が欧州全体、中東、インド、アフリカでのApple Pay導入を計画していることが明らかになっています。

海外でのApple Pay導入はいつから?

Apple Payの世界展開準備が整えられつつあるのは明白ですが、Appleはまだ具体的な導入スケジュールを発表していません。もっとも導入が早いのではと推測されているのが中国市場で、アリババとAppleが電子決済分野における提携を協議中であること、またアリババの決済システムAlipay(アリペイ)がiPhoneのTouch IDに対応したことは、iPhone Maniaでもお伝えしました。
 
Apple Payはすでに全世界に普及しているNFCターミナルで利用可能なため、技術面では海外展開に障壁はないはずです。それよりも各国の銀行やクレジットカード会社との協議に時間がかかっていると見るべきでしょう。
  
参照元 : AppleInsider
執 筆 : lunatic

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる