トップページ > 最新情報 > Amazonのドローン配送サービス、アメリカより海外で先にスタート?
2014年12月10日 12時32分

読了まで 158

Amazonのドローン配送サービス、アメリカより海外で先にスタート?

AmazonPrimeAir
Amazonが構想するドローンによる配送サービスが、同社が拠点とするアメリカではなく、海外で先に導入される可能性が高まっています。Reutersが報じています。

なかなか下りないFAAの実験許可

Amazonは2013年12月に、ドローン(小型無人飛行機)での配送サービス「Prime Air」を、早ければ2015年にスタートすると発表しました。
 
アメリカでドローンの飛行実験を行うには、連邦航空局(FAA)の許可が必要となります。しかしこの許可がなかなか下りないことにしびれを切らしたAmazonが、FAAに抗議の文書を提出しました。
 
グローバル・パブリック・ポリシーを担当するポール・マイズナー副社長は、文書のなかで、

「他国では規制環境が小さな発明(ドローンのこと)に対しもっと協力的だ」
 
「米国内での実験の許可が下りなければ、Prime Airの研究開発拠点を海外に拡大せざるを得ない」

と訴えています。
 
ドローンを使って30分以内に荷物を配送するPrime Airサービスの開発には、屋外での飛行実験が必須です。Amazonは米国内で実験を行いたいと主張し続けてきました。
 
今年7月には、シアトル近郊での飛行実験許可をFAAに申請しましたが、いまだ許可は下りていません。

イギリスで先に始まる可能性も

Cult of Androidによれば、イギリスではドローンなどの飛行実験の許可は簡単に下りるそうです。そのためAmazonは最近、英ケンブリッジ近郊の私有地上で、ドローンの飛行実験を開始したと、同メディアは報じています。
 
このままアメリカで飛行実験許可が下りない場合、イギリスやその他の国々で、Prime Airサービスが先行する可能性があります。
 

  
参照元 : ReutersCult of Android
執 筆 : lunatic

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる