トップページ > 最新情報 > ニューヨークのアップルストア騒然!警察への抗議として店内でダイイン
2014年12月6日 19時35分

読了まで 220

ニューヨークのアップルストア騒然!警察への抗議として店内でダイイン

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

先日、ニューヨークで男性が警察官による取り押さえ時に「息ができない」と訴えたにもかかわらず、強く制圧された後に死亡する事故が発生しました。さらに警察官は地元の大陪審によって不起訴が決定し、警察官の行動と大陪審の決定の双方に対して抗議活動が活発に行われてます。

 

その抗議活動は、ニューヨーク五番街にあるアップルストアでも行われ、店舗内で「ダイイン」と呼ばれる抗議行動が実施されました。普段は世界中のアップルストアの旗艦店として、アップルファンが詰め掛ける店舗ですが、この時は騒然としていたようです。

 

ダイイン

USA TODAYより

アップルストアでの抗議の意味は?

ダイインによる抗議活動はニューヨークのいたるところで行われています。その一つにアップルストアが選ばれたのには理由があるようです。

 

デモ参加者はアメリカ企業の象徴と言える企業であるアップルの旗艦店の営業を麻痺させることで、企業経営者(資本家)に自分たちの主張を深刻に考えさせたいとしています。

 

ニューヨークにある百貨店「メーシーズ」でもダイインによる抗議が行われましたが、その理由もアップルストアと同様のようです。

抗議の様子はSNSで拡散

ニューヨークでも多くの人が集まる場所での抗議はSNSによる拡散という副産物をもたらしています。参加者だけでなく、周囲の人も抗議行動をスマホで写真に撮り、Twitterなどでその様子を報告しています。

 

 

 

抗議活動はより多くの人の目に触れ、その主張を理解してもらう必要があります。その場所としてアップルストアが選ばれ、さらにSNSが主張の拡散を手助けすことには時代を感じます。
 
 
参照元: USA TODAYCult of Mac
執 筆: KAZ

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる